最も即時性に優れ、将来現金の代わりになりやすい仮想通貨 アップルの審査を通り、アマゾンも受け入れ始めた。どこまでくるか?

menu

DASH仮想通貨購入どっとコム

DASH(仮想通貨)を扱う取引所の特徴をまとめてみた!日本円と交換できるのは世界にひとつだけ

今話題の仮想通貨DASHの特徴と、DASHを取引することのできる日本唯一の取引所コインチェック株式会社(coincheck)を利用するメリットについて簡単にまとめてみました。

2017年9月時点で他にはありません。
日本円でDASHを購入できる本当に世界で唯一です。
海外ではビットコインとの交換になります。

DASH(仮想通貨)を扱う取引所はここだけ!

DASHIは2014年に公開された仮想通貨の1つです。
仮想通貨には流通される目的によって1つ1つ特徴がありますが、DASHの特徴で挙げられるは匿名性。
つまり、運用している方の個人情報のガードが硬いと言われています。
その仕組みは仮想通貨でのやり取りの際に、1度送信された個人方法を中継する取引所で混ぜ合わせてから受信側に送る仕組みをとっているからでもあります。

もちろん、送信側と受信側でやり取りされるDASHの量は変わらないため、取引所を介す他の仮想通貨に比べ使い勝手では変化はありません。
DASHを購入、売却する場所はWeb上ではありますがビットコイン取引所と呼ばれています。
ビッドコイン取引所はビットコインを取引する交換所のような場所がWebの中にあるものと考えるとイメージしやすいと思います。
ビッドコインは売りたい人と買いたい人がそれぞれ価格を提示して、取引所が指定した価格を買う人が振込むことで、ビットコインを購入できる仕組みです。

coincheckはどんな業者?

DASHを取り扱う取引所には仮想通貨運用会社にコインチェック株式会社(coincheck)があります。
コインチェック株式会社は2012年に設立された取引所で、DASHの公開前から幅広い仮想通貨を取り扱っている会社です。

coincheckの他業者と差別化された3つのポイント

数多くある取引所の中でコインチェック株式会社は他社と差別されるポイントが3つあります。

(1)チケットの決済を仮想通貨で行える

1つ目は2017年8月よりコインチェック株式会社で開始されたチケットキャンプでの決済をビッドコインで行える仕組みです。
これは、チケットキャンプのWeb上で購入できる、音楽チケット、映画チケット、リゾートチケットなどの支払いがWeb上のビッドコインで決済できる仕組みです。

(2)貸仮想通貨サービス

貸仮想通貨サービスとは、2017年6月より運用されたコインチェック株式会社独自の仕組みで自分の持っている仮想通貨をコインチェック株式会社に預けておくことで1年後には年間5%分の仮想通貨を受け取れるサービスです。
実際の銀行での定期預金に相当しますが、日々価値の変化する仮想通貨が1年後の価値の5%分増えることになり、定期預金の金利に比べ圧倒的に利益を得ることができます。

(3)加盟店保証サービス

そして仮想通貨の運用にはリスクがつきものです。
コインチェック株式会社ではDASHを含む仮想通貨はデータにすぎません。
仮想通貨の運用では、ネットワーク障害などにより運用する仮想通貨に被害ができることもあります。
コインチェック株式会社が2017年6月より始めた保証サービスは、ネットワーク障害で生じた仮想通貨の損益を保証する仕組みです。
損害保険会社の東京海上日動と共同で行っており、日本国内最大の保険会社と取引所が運用する安心のできる仕組みでもあります。

coincheckの世間の反応

コインチェック株式会社(coincheck)は数多くある取引所の中でも、大手の取引所でもあり、運用するユーザーの利益になる仕組みを多く生み出してきました。
売買できる仮想通貨の種類のみではなく、先程の(1)チケット決済(2)貸仮想通貨サービス(3)加盟店保証サービス、これらを他者に先駆けて行っており、利用するユーザーとしては信頼の持てる取引所なのではないでしょうか?

わたしの感想とまとめ

仮想通貨の運用でリスクはつきもの。
コインチェック株式会社(coincheck)は単に取引所としての便利さだけではなく、金融機関のような安心感のある仮想通貨運用会社でもあります。
リスクを預けることのでき、安心して利用することのできる取引所であると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー