最も即時性に優れ、将来現金の代わりになりやすい仮想通貨 アップルの審査を通り、アマゾンも受け入れ始めた。どこまでくるか?

menu

DASH仮想通貨購入どっとコム

仮想通貨DASHの将来性!ビットコインを超える潜在能力はある?

仮想通貨DASHの将来性についてその潜在能力についてお伝えしていきます。

先日(2017/09)、中国がその取引を中止させるなど、世界でも注目を集め始めている仮想通貨市場。
日本ではビットコインが少しだけ世間に認知されるようになってきましたが、実は世界中で様々な仮想通貨が取引されてきています。今回はその中で「DASH」というものを紹介したいと思います。

DASH(仮想通貨)とは何か?簡単に言うと…

仮想通貨DASHは、2014年に「ダークコイン」として当初は公開されました。そして、その後に「DASH」と名前を変えています。そのため、仮想通貨の歴史の中では比較的古くからあるものとなっています。
DASHの最大発行量は2200万枚となっており、ビットコインの2100万枚を100万枚上回っています。

DASHをはじめとするアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)はビットコインを基本としながら、様々な機能が付加されたものがほとんどです。このDASHは、「決済手段に特化した仮想通貨」とされています。基本的な機能は、ビットコインと同じで個人間の取引を行うことを想定しています。さらに、ビットコインが改善すべき点を補完しているところに特徴があります。主な特徴として、3つあります。

1つ目は、「取引スピードが速い」という点です。ビットコインを1回取引するには、最低5分から10分かかるのが現実としてありました。一方でDASHはわずか4秒で完了することができます。その仕組みを作ったのが「instant X」と呼ばれる決済手段です。取引時間が短いと時間ロスがなくなり臨機応変に取引することができ、相場に対応することが可能です。

2つ目は、「匿名性に優れている」ということです。ビットコインの場合は取引記録がすべて公開されているため、どのような取引が利用者の間で行われたかということが確認することができます。もちろん、取引の詳細を知りたい場合や証明したい場合など公開されていることがメリットになる場合も存在することは事実です。しかしその一方で、送信元がばれてしまうため誰にいくら送金したのがが知られてしまうことはデメリットとなることもしばしばあります。それを補い匿名性とすることで、取引の追跡をすることが不可能となりました。それを可能にしたのが「darksend」というトランザクションです。

3つ目は、「マスターノード」の存在です。ビットコインの場合はマイニングで複雑な計算を解くことで報酬をもらえますが、DASHはマスターノードと呼ばれるランダムに選ばれた第三者が監理しています。1つ目の特徴である「取引のスピードの速さ」・2つ目の「匿名性」もこの「マスターノード」の存在があってのことで、非常に重要な存在なのです。
このような特徴を持ったDASHは注目されています。

DASH(仮想通貨)はビットコインやイーサリアムになれるか?

前述しましたようにDASHはビットコインをベースにしており、それをさらに進化させたような通貨となっています。そのため、利用するには非常に便利なものです。今後の展開次第では、ビットコインにも匹敵するような通貨になるような将来性を持っていると思います。

私の思うDASH(仮想通貨)将来性

DASHの値動きを示したチャートを見てみると、2017年に入って特に急騰していることがわかります。以前から注目されていた仮想通貨ではありましたが、技術面で優れていることなどがますます評価されている証拠といえます。さらに2200万枚という供給量の少なさが、その値動きに拍車をかけていることも挙げられます。仮想通貨の中では供給量は少ないほうですが、それも価値を上げている一因です。

また、技術力に優れていることから将来性はかなり高いと考えています。特に「取引スピードの速さ」・「匿名性」は他の続いを許さず、そのうちビットコインを超える主流になる可能性を秘めていると考えます。今年に入り急騰・調整が入ってきてはいますが、保有することで資産価値が上昇することとなりそうです。

DASH(仮想通貨)の将来性 ネットの反応

$Dash は初期のコインの大量供給の問題(Instamine)がアンチからの攻撃材料になっています。でもインスタマインによって泣いた人は誰もいないはずです。最初からコインが高い価値を持っていたら批判されるべきかもしれませんけど、価値の低い原石が供給されたというだけです
暗号通貨が一般に広く受け入れられるために必要なのは、UI / UXの向上とプロモーション 力だと私は考えています。 $Dash はEvolutionの開発でUI/UXの向上に力を入れていて自己資金でプロモーションをすることができます。その点で他を圧倒していると思うんですよね。
私は初め $Dash の匿名性の部分には関心がなかったんですが、資産額・取引内容等のプライバシー保護はユーザー全体に必要なもののはずです。現在秘匿性の低い暗号通貨も高い秘匿性の獲得を目指すのが当然の流れだと予想しています。取引の解析ツールが発達して誰もが使うようになると脅威です。

などというコメントがツイッターなどでされています。注目度の高さがうかがえます。

わたしの感想とまとめ

「仮想通貨=ビットコイン」というものが現在の主流としてある中で、アルトコインの存在がビットコインを脅かすほどになりつつあることは注目すべきところだと思います。仮想通貨というのは、その技術力の有無が今後の将来性を占う意味で非常に重要なポイントだということがよくわかりました。仮想通貨自体が日本ではまだまだ知名度が低い中、世界では徐々に浸透し始めています。ハイリスク・ハイリターンな取引ではありますが、今後のビジネスシーンで利用される可能性を秘めたこの仮想通貨に先行投資することは価値のあることではないでしょうか。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー