最も即時性に優れ、将来現金の代わりになりやすい仮想通貨 アップルの審査を通り、アマゾンも受け入れ始めた。どこまでくるか?

menu

DASH仮想通貨購入どっとコム

DASHの今後の予想まとめ「3~5倍はあり得るでしょ」「匿名性に上が渋ってる」

仮想通貨DASH、2017年は2月あたりから価格が暴騰してきました。
それまで1DASHが1000円にも満たなかったのですが、どんどんと価格をあげていき、11月現在1DASHが約37000円まで高騰しました。
ここまでの上昇した理由は正直わかりませんが、まだまだ流通量の少ない通貨なので、ちょっと大きな資金が流入したら急に価格が高騰することは仮想通貨の世界では起こりそうですね。

DASHの今後予想まとめ まずは特徴について

DASHの特徴は匿名性が高いことです。DASHの取引は送信者と受信者の間にクッションを挟み、
そこに他の送信者のコインも一度混在させ分からなくしてから受信者へコインが送金される方式になっているので、
履歴を外部から確認することができなくなっています。

これをcoinjoin方式と呼んでいます。ビットコインのような1対1の取引でなく、複数対複数の取引のような形式にしています。
これによりDASHはビットコインと比較すると高い匿名性を誇っています。
それから、取引スピードが早いのもDASHの特徴で、DASHは公式サイトに記載されている取引スピードは1秒未満で完了するとの記載があります。ビットコインが承認作業が完了するまでに、最短でも10分かかっているのに比較すると1秒ですから早さがわかります。

DASHの今後はどうなるか?

DASHは今後どうなるのでしょうか、アルトコインがどうなるのかなどの予想はとても難しいと言われており、価格がどうなるのか、結局は需要の有無によるところが大きいと思います。
そこで判断材料は、ビットコインと比較しての優位性があるかどうかといったところでしょう。
ビットコインと比較してしっかりとした優位性がなければ一瞬だけの謎上昇はあっても、中長期的な上昇はとてもじゃないですけど見込めないと思います。

テクニカル的に見てみると…

テクニカルといっても、見方がいろいろあるし、まだ出たてのものですので、なんとも言えませんが、
現在11月終わりは買われすぎなのは見て分かります。買うとしたらRSI40以下で買っていきたいところ。だいたいそういう時は皆が注目してなくて「仮想通貨ダメなんじゃ?」みたいな話が出てたりするときですよね。そういう時に買う、って感じです。

だいたい素人は高値でいいニュースが出て買ってしまうという感じです。今後どこで調整がはいるか、それはビットコインの分裂とか、イーサリアムのハードフォークとかそういったイベントで影響を受けるのではないでしょうか?

2018年、DASHはこうなる?

仮想通貨が2018年2月ごろから仮想通貨市場全体が盛り上がり、上がる可能性があるという予想が多いです。
そのときにDASHも同様に仮想通貨市場の盛り上がりにつられて、上がる予想が多いです。

もちろんあくまで予想で、未来のことは分かりませんが、確実に企業が採用し始めているので

大手が採用するたびに値上がりしていくところはあるでしょう。また、すでに投機的になっていますが、さらに投機対象となっていきますので、普通にテクニカルを見ての売買も必要になってくるでしょう。買われすぎの高値掴みには気を付けましょう。暴落も高すぎたらするでしょう。

買うとしたら低い時に買いたいところ。いいニュースが出て買うのは遅いと思った方がいいです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ネットの予想・反応

現金に限りなく近い通貨
匿名性に需要が実はあることがだんだん認識されている?
アルトは通貨によってはLISKを始め、nem、Ripple、DASH、Zcash辺りも普通に3〜5倍以上はあり得ると思うんだけど、どうだろう
今後は分からないけど、HUOBI_Pro とOKEx_への上場等で雰囲気が変わって来たように思います。
海外では人気高いですね
日本ではどうなるか、匿名系は金融庁が渋っているのでは

出典:twitter

今後のわたしの予想

結論から言えば、匿名性がダッシュのビットコインに比較する優位的だと思います。
これはビットコインにはないもので、上昇する可能性はあると思います。
ただ、匿名性高いので、マネーロンダリングに使われやすいので、いい方向性に向かうか、どうかはわかりません。

DASHはビットコインと比較すると匿名性が非常に高いという優位性があるので、今後中長期的に上昇する余地はあると個人的には考えています。

これが世間的にどう受け止められるか?というのも重要だと思いますが
評価は変わってきていて、アップルなんかは最初DASHを信用していなかったのが、2017年になって認められて
アップルのアプリがやっとできました。

そういう意味では大企業に認められる、匿名性の何かをクリアしたのだとみられています。
またこれについては本当に何年もアップルに申請し続けてやっと通ったということで
チームの忍耐強さも感じたので、信頼性のあるチームだなという印象を受けました。

まとめ

最後に、仮想通貨はインターネットが普及していく今後は通常の利用ができる通貨になっていくと思います。
色々な仮想通貨がありますが、流通する通貨量が多くなれば、リスクやセキュリティも強化され安全性が増すと思います。
個人的に仮想通貨はこれからの時代は当たり前のものになると予想しています。

そして、DASHはその即時性から、自動販売機やATMとしてすでに使われ始めていて
街で一番身近な存在になるポテンシャルのあるものだと思いますので
これから伸びるのではと思っています。
*あくまで個人的見解なので投資は自己責任でお願いします。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー